債務整理ナビ
弁護士の口コミ・評判

債務整理の自己破産・処分される財産とは?

自己破産は、債権者に自分の持っている財産や資産を原則すべて処分します。それでもなお債務が残ってしまった場合、その部分の返済義務はなくなるという究極の債務整理と言われています。財産や資産をすべて処分するといっても、身ぐるみ剥がされるわけではありません。身の回りのものに関しては、取られることはないですからあまり心配しないでください。

裁判所によって判断は異なりますが、一般的にそのものを処分した場合20万円以上の価値になるであろうものが処分の対象になります。例えばマイホームとかマイカーの場合、大半のケースで20万円以上の価値になると推測できます。ただしマイカーは乗り潰した過走行車、低年式車の場合20万円に満たないこともあり、処分の対象外になることも十分考えられます。また生命保険に加入している人で積立タイプの商品であれば、保険を解約すると返戻金が入ってくるはずです。もしこの返戻金がその時点で20万円を超える場合には、解約をしてそのお金を債権者に還元する必要があります。

身の回りのものに関しては、基本手元に残すことが可能です。たとえば冷蔵庫や洗濯機、テレビなどは生活をするうえで欠かせない家電製品のはずです。このようなものは債権者側に渡す必要は一切ありません。また生活をするにあたって、現金は絶対必要になるでしょう。そこで当面の生活で困らない程度の現金は手元に残しておけます。破産法の中では、99万円までの現金であれば手元に残しておくことができると決められています。もし101万円の現金を有しているのであれば、2万円は破産管財人に渡して、債権者に還元することになります。

このように自己破産をしても、全部の財産をとられるわけではありません。せっかく借金をチャラにしても、何も持たなければ、その後の生活が立ちいかなくなります。自己破産を含めた債務整理は、債務者救済のための制度であることを忘れないようにしましょう。借金で困っているのであれば、まずは法律の専門家に相談した方が良いと思います。