債務整理の
口コミ、評判

多重債務者は債務整理を検討しよう

複数のところで借り入れをしている多重債務の状態に陥っている人はいませんか?多重債務者は、えてしてもはや自力で借金問題を解決できないところまで追い詰められていることが多いです。もし自力で返済できなくなって、借金返済のためにほかのところで借り入れするような状況に陥っているのなら、他の方法で問題解決を図るべきです。このような自転車操業のような状態で返済をしても、早晩破綻するのは目に見えているからです。

借金は絶対に返さないといけないと思いがちですが、もはや返すだけのお金を用立てることができなければ、債務整理という方法もあります。債務整理とは、今の借金を圧縮して返済可能な額にまで下げて、新たに返済計画を作る手法をさします。もしどうやっても借金返済ができなければ、今ある財産をすべて処分して、それでもなお残った債務に関しては免責を受けることもできます。多重債務でどうにも首が回らなくなっているのなら、弁護士や司法書士に相談して、債務整理の手続きを進めてみましょう。

債務整理の手続きをすることで、いろいろなメリットが期待できます。まず多重債務者で借金の返済ができなくなっている人は、電話などの取り立てのプレッシャーに合っているケースが多いはずです。もし弁護士や司法書士に債務整理をお願いすれば、これらの請求が止まります。借金の取り立てに追い回されることもなく、静かな日常を過ごせるでしょう。

また日本では最高でも年利20%までで利息の取り立てを行うルールがあります。もしかすると多重債務者の中には、この金利を超える利率で利息を今まで支払っている人もいるでしょう。その場合、上限を超えた部分の利息は無効となり、元本の返済に充当されます。よって借金の引き直し計算をするだけでも、借金の額が少なくなるかもしれません。中には借金がゼロになって、過払い金としていくらかお金が戻ってくるケースもあり得ます。もし借金の返済で困っているのなら、債務整理を真剣に検討すべきです。

詳細はこちらへ>>大阪の債務整理