債務整理ナビ
弁護士の口コミ・評判

多重債務者は債務整理を検討しよう

複数のところで借り入れをしている多重債務の状態に陥っている人はいませんか?多重債務者は、えてしてもはや自力で借金問題を解決できないところまで追い詰められていることが多いです。もし自力で返済できなくなって、借金返済のためにほかのところで借り入れするような状況に陥っているのなら、他の方法で問題解決を図るべきです。このような自転車操業のような状態で返済をしても、早晩破綻するのは目に見えているからです。

借金を圧縮する

借金は絶対に返さないといけないと思いがちですが、もはや返すだけのお金を用立てることができなければ、債務整理という方法もあります。債務整理とは、今の借金を圧縮して返済可能な額にまで下げて、新たに返済計画を作る手法をさします。もしどうやっても借金返済ができなければ、今ある財産をすべて処分して、それでもなお残った債務に関しては免責を受けることもできます。多重債務でどうにも首が回らなくなっているのなら、弁護士や司法書士に相談して、債務整理の手続きを進めてみましょう。

請求が止まります

債務整理の手続きをすることで、いろいろなメリットが期待できます。まず多重債務者で借金の返済ができなくなっている人は、電話などの取り立てのプレッシャーに合っているケースが多いはずです。もし弁護士や司法書士に債務整理をお願いすれば、これらの請求が止まります。借金の取り立てに追い回されることもなく、静かな日常を過ごせるでしょう。

請求が止まりますケースもある

また日本では最高でも年利20%までで利息の取り立てを行うルールがあります。もしかすると多重債務者の中には、この金利を超える利率で利息を今まで支払っている人もいるでしょう。その場合、上限を超えた部分の利息は無効となり、元本の返済に充当されます。よって借金の引き直し計算をするだけでも、借金の額が少なくなるかもしれません。中には借金がゼロになって、過払い金としていくらかお金が戻ってくるケースもあり得ます。もし借金の返済で困っているのなら、債務整理を真剣に検討すべきです。

債務整理の仕方を学ぼう

弁護士に任せる方法について

弁護士に任せる場合は、借金をしている会社と直接話さなくてよいです。交渉に問題があっても悩む必要はありませんし、適切なアドバイスがもらえます。弁護士費用はまちまちですが、分割支払いができる所が多く低予算でも対応してくれるところがあります。全てをメールのやりとりだけでやってくれるところもありますし、とにかく精神的にラクでしょう。家族にも秘密にしてくれます。ただ、弁護士にもいろいろな人がいますので、相談しやすい事務所を探しましょう。

自分でやる方法について

債務整理は自分でもできます。ただ、借金の時効や利息の交渉などは自分では難しい場合もありますから、どのような状況なのかによって自分でできるか判断するのがよいでしょう。自分でやる場合は、まず自分にどの位借金があるのかを正確に知るために、信用情報機関を調べます。本人なら簡単に見ることができますし、調べるのは簡単です。その後借金をしている会社にコンタクトをとって交渉していきます。すでに裁判になっている場合などは弁護士や別会社との交渉になることもあります。

借金完済のコツについて

債務整理は借金の整理です。完済のコツとしては、時効になっているものがあれば時効を援用させたり、払い戻し請求などもする必要があります。借入先が多かったり借金の額が多かったりすれば、やはり自分で進めるのは難しくなってくるでしょう。借金は時間がたてば消えるということはありませんから、利息がどんどん増えてしまう前に早めに弁護士に相談するのが得策です。相談だけなら無料というところも多いですから、そういった制度を利用して早めに対応しましょう。

まとめ

債務整理の方法には、弁護士に任せる方法と自分でやる方法があります。どちらにしても借金の完済を目指すものですので最低限の収入は必要になりますが、違法的な利息などからは逃れることができますし、放置している借金を整理することができるのです。

債務整理のメリットとデメリット

合法的で魅力的なメリット

債務整理は借金問題解決のための法的な手段です。任意整理や自己破産など4種類の手続きからなり、それぞれの借金の状況に応じた手続きを選択することができます。メリットとしては債務を圧縮できること、あるいは自己破産のように借金そのものをゼロにできることがあげられます。また金利を利息制限法に基づいて引き直し計算する過程で過払い金が発生することもあり、金融機関に対して返還請求することで、一部の支払い過ぎていたお金を取り戻すことも可能です。

当然ながらデメリットも

債務整理は借金を減免することで問題を解決に導くものですが、債権者に対しては多大な不利益をもたらすわけですから、それ相応のデメリットも甘んじて受け入れなければいけません。選択する手続きによってデメリットは異なりますが、債務整理をすれば信用情報機関に登録されてしまうのは共通です。信用情報機関に登録されれば、その後5年から10年の間は新たなローンの契約や、クレジットカードを作ることができなくなります。また自己破産をすれば、マイホームなどすべての財産を失うことになります。

スムーズに手続きを進めるためには

どの方法を選択する場合でも、基本的には本人が手続きを行うことができます。ただし任意整理以外の手続きは裁判所が関与するものですので、資料の準備や出廷などで多くの時間や労力が必要となります。また任意整理は債権者との直接交渉が必要ですので、それなりの専門知識は欠かせません。したがってスムーズに手続きを進めたいのであれば、弁護士などの専門家に依頼したほうが無難です。借金問題の解決実績の高い法律事務所などを利用するといいでしょう。

まとめ

債務整理は借金問題解決のために非常に有効な手段ですが、当然ながらメリットだけではありません。デメリットについてもしっかりと考慮したうえで、弁護士など借金問題に関する専門家の力を借りるようにするといいでしょう。

債務整理の方法はどんなものがあるのか

話し合いを行う任意整理

一番簡単な借金整理の方法が任意整理です。債権者と債務者の代理人である司法書士や弁護士が話し合いによって借金の額や返済年数などを決定する方法で、一番の特徴は自分で借金の整理を行うところと今まで通り返済するところを決めることができるというところです。保証人がついているような高額の借金は保証人にも影響が出てしまうため、そのようなものは今まで通りの返済を行い、その他の借金を整理するという方法をとることができます。

住宅を守るための個人再生

現在の住宅がローンを支払い中の場合に、住宅だけは守りたいという時に使える方法です。特例を使って住宅ローン以外の借金を原則として3年で返済していく方法ですが、その借金の額は大きく減らすことができます。しかし住宅ローンの残債は全く変更がないので、借金のほとんどを住宅ローンが占めているというような場合には毎月の返済額がほとんど変わりません。また、自動車をローンで購入しているような場合には自動車の引き上げが行われる可能性が高くなります。

借金の返済義務がなくなる自己破産

自己破産は全ての借金の返済を行わなくても良い、と裁判によって認めてもらうものです。裁判で免責が降りれば借金は0円になります。しかしその際には一定額以上の財産は全て手放さなくてはならなくなるので、所持していた不動産や貴金属、自動車などをなくしてしまう可能性があります。現金も99万円まで、預貯金は20万円までしか所有することができず、残りは不動産などを現金化したものと合わせて債権者に分配されることになります。

まとめ

債務整理にはデメリットもあるため、その人の借金の状況によって適した債務整理の方法は違ってきます。どの方法が良いのかわからない場合には、司法書士や弁護士などの無料相談で自分に適した方法が何なのかを相談してみると良いでしょう。

過払い者に必見必須の債務整理

戻ってくる可能性があります

債務整理とは、消費者金融業者などからお金を借り入れている人が支払い過ぎた分のお金はないかや、支払い分が過剰になってはいないか、または不正はないかを主に法律の専門家に調べてもらうものです。もし払いすぎていたらその分が戻ってくることがあり、これから支払う金額が過剰になっていたら、その分だけ支払うお金が減ることがあるようです。これはもしお金を借り入れている人であるのなら、やってみないのはむしろ損ですね。

そもそも過払いになるのは何故か

基本的に過払いになるのは、おもに多重に債務を重ねたせいです。しかしこの問題には、サラ金問題がより根本にあるようです。法律では利率が制限されていたのですが、罰則が特に存在していなかったため、グレーゾーン金利というのが蔓延していて、そこで多重にほかの業者などと併用が増えたようです。これらは利息制限法と、改正貸金業法の法律改正で終止符を打ちました。勿論現在に新しく出来た法律が、それ以前に適用されるわけではないので、過払い者は現在でも存在しています。

やらない方がいい人はいますか

自己破産は全ての借金の返済を行わなくても良い、と裁判によって認めてもらうものです。裁判で免責が降りれば借金は0円になります。しかしその際には一定額以上の財産は全て手放さなくてはならなくなるので、所持していた不動産や貴金属、自動車などをなくしてしまう可能性があります。現金も99万円まで、預貯金は20万円までしか所有することができず、残りは不動産などを現金化したものと合わせて債権者に分配されることになります。

まとめ

やって損をすることは、基本的にはないでしょう。ただ事故情報というものに記録されることがあるようです。一般的にブラックリストと誤解されて呼ばれているものが、この事故情報記録です。この事故情報に登録されると、これから新たな借り入れをすることが出来なくなるわけではないのですが、かなり難しくなるといった具合にとても面倒なのです。ですので、債権者との和解は手順を踏んでなるべく上手くいくように頑張りましょう。