債務整理ナビ
弁護士の口コミ・評判

債務整理の任意整理の手続き

債務整理の手続きの中の一つに、任意整理があります。債務整理の中では最も簡潔な手続き方法だと思います。なぜなら債権者側と債務者側の直接交渉で今後の返済計画を立てる方式で、裁判所などが間に入らないからです。ちなみに弁護士や司法書士を代理人に立てれば、皆さんが交渉の場に顔を出す必要はありません。限りなく日常生活を引き続き送りながら、借金の整理ができます。

任意整理の手続きですが、まずは弁護士や司法書士に代理人の依頼をします。すると弁護士や司法書士は受任通知と呼ばれる書類を、すべての債権者に送付します。受任通知を受け取った債権者側はこれ以上、電話や直接接触などの一切の取り立てができなくなります。

一方で、利息の引き直し計算が行われます。債権者に対して、皆さんのこれまでの取引履歴の開示請求をします。通常債権者は請求をすれば、取引履歴を出してきます。その情報をもとにして、利息制限法で認められた利率で計算をして、余計な利息を支払っていないかの確認をします。この結果をもとにして、債権者側と交渉をします。もし計算の結果、過払い金が発生していた場合には元本の返済に充てるなどの処置をとります。

債権者側と債務者側で条件面の折り合いをつけて、今後の返済計画を立てます。交渉がまとまれば和解書を作成して、新たに設定された返済計画に基づき、借金を返していきます。ちなみにこの返済計画ですが、利息ゼロで元本だけの返済とすることが多いです。ですから今までと比較すると、返済の負担もかなり軽減される可能性が高いです。

ただしこの任意整理ですが、複数の債権者がいる場合、1社でもその和解案を認めないのであれば、交渉は成立しません。もし債権者側と債務者側の話し合いが物別れに終わってしまった場合、他の方法で問題解決することもあり得ます。債権者側は借金を踏み倒されるよりはきちんと返済してくれた方がいいわけですから、任意整理を申し出ると対応してくれるケースも多いです。