債務整理ナビ
弁護士の口コミ・評判

債務整理で必要な書類は?

借金問題がどうにもならない、自力での返済が厳しいという人がいれば、債務整理による問題解決も目指すべきです。ただしそのためには、弁護士や司法書士にまず相談することです。債務整理にもいろいろな方法があって、どの方法がベストかは人によって変わります。そこで専門家に皆さんの置かれている状況を説明して、判断してもらうことが大事です。相談をする時には、皆さんの借金の現状がわかるような書類をできるだけ集めて持参すると良いと思います。

たとえば債権者の一覧です。誰からいくら借りているのか、そして現在どの程度の借金が残っているかなどをまとめましょう。中には数多くの人からお金を借りていて、全体像がつかめないという人もいるでしょう。その場合にはわかる範囲で書類をまとめましょう。こうすることで、自分の借金の総額がいくらかもわかりやすくなります。

その他には借入関係の書類も集められるものはすべて集めておきましょう。まずは借り入れをしたときに契約書や借用書を作成しているはずです。これを提示すれば、どのような条件で借り入れをしたのかが相手もわかります。さらに借り入れや返済をすると明細書が発行されるはずです。もし明細書が手元にあれば、それも持参すると良いでしょう。捨ててしまったとしても、弁護士や司法書士は履歴の開示請求が債権者にできるので特別問題はありません。

あと皆さんが財産を持っているのであれば、財産に関する情報の記載された書類も提出しましょう。収入証明書や預貯金通帳、不動産や生命保険証書などの資産関係の書類は必要になります。ちなみに収入証明書に関しては、会社員の場合は源泉徴収票や給与明細などが該当します。早めに会社の該当する部署で手続きをして、交付を受けておきましょう。通帳に関してですが、過去2年にわたって取引が記載されているものが必要になります。前の通帳などもきちんと確認しておきましょう。このような書類を準備しておかないと、債務整理の手続きがスムーズに進まなくなるかもしれないので、どこにあるかまずは確認すると良いと思います。