債務整理ナビ
弁護士の口コミ・評判

債務整理と生命保険

家族のいる人は特に、生命保険に加入しているケースも多いと思います。自分にもしものことがあった時に保険金が支払われるようにしておけば、当面の家族の生活費を工面でき、路頭に迷わすこともないからです。ところで借金を抱えていて、自分の経済力ではもはや返済不能となっている人の中には債務整理を検討している人もいるでしょう。しかし債務整理をしてしまうと、もしものために加入している生命保険も解約させられるのではないかと考える人も少なくないようです。借金問題が解決しても、いざというときのためにお金が準備できなくなれば元も子もありません。

生命保険の中には大きく分けて、掛け捨てタイプと積立タイプの2種類があります。掛け捨てタイプであれば、あまり気にする必要はないでしょう。ただし積立タイプの生命保険に加入している場合には、注意をする必要があります。積立タイプはある程度の期間加入していれば、解約した時に解約返戻金と言って、いくらかのお金を受け取ることができます。この解約返戻金は債権者の手に渡ってしまう恐れがあります。

債務整理の中でも、自己破産という手法があります。身の回り以外の財産にあたるものはすべて処分して、それでも残った債務は返済の義務がなくなる方法です。自己破産をする時、もし生命保険の解約返戻金が20万円を超える場合、解約を裁判所から命じられる場合があります。その他にも個人再生という債務整理の方法がありますが、こちらも20万円ではありませんが解約返戻金が高額になる場合には解約を求められるケースも出てきます。ある程度の期間、積立タイプの生命保険に加入していた人は解約返戻金がどのくらいになっているか、一度確認した方が良いと思います。

もし解約返戻金がそれなりの額に上っているのであれば、債務整理の中でも任意整理で問題解決する方法があります。こちらは裁判所を通さず債権者と債務者側の直接交渉になりますから、生命保険を解約させられることはありません。