債務整理ナビ
弁護士の口コミ・評判

周りに内緒で債務整理できるか?

借金をしているということは、決しておおっぴらにできることではないと思います。中には家族や友人に内緒で借金をしている人もたくさんいるでしょう。そして借金返済ができなくなって、債務整理をしたい、でも債務整理することで周りに借金していることがばれてしまうのではないか、このような不安を抱く人もいるでしょう。結論から言いますが、債務整理していることが周囲に知られる可能性はかなり低いです。

債務整理を弁護士や司法書士に依頼すると、債権者側に受任通知が届きます。この受任通知を受け取った業者はこれ以上当人や周りに借金の催促や取り立てができなくなります。また弁護士や司法書士に依頼をすれば、どのような債務整理の方法でも実際の手続きなどは彼らが代行します。進捗状況の報告がありますが、携帯電話の番号を教えれば、周りにばれることはまずないでしょう。

ただし自己破産をした場合、その情報が官報に掲載されます。官報を通じて借金や債務整理のことがばれる可能性はなくはないです。しかし一般の方で熱心に官報を取り寄せてチェックしている人は少ないでしょう。自己破産をしても、周囲にバレる可能性はかなり低いと言えます。また職場にもばれる心配はないでしょう。借金のために、会社に居づらくなるといったことも考えにくいです。

奥さんなど、一緒に暮らしている家族に内緒で債務整理をすることは可能です。例えば郵便物を個人名にして郵送してもらうように弁護士や司法書士にお願いするなどの対策をとれば、できないことではありません。しかし債務整理はその世帯の生活の立て直しをするという意味合いもあります。生活の立て直しを図るためには、家族の協力があった方が良いです。もし今後、過去に債務整理をしたことが家族にばれてしまった場合、家族間の信頼関係にひびの入ることも十分考えられます。もし借金でどうにもいかない状況に追い詰められたのであれば、家族には正直に事情を説明して、できる限りの協力を求めた方が良いと思います。