債務整理ナビ
弁護士の口コミ・評判

債務整理をするとローンが組めない?

債務整理をした場合のデメリットの中でも大きいのが、事故情報として信用情報機関に情報登録が行われることだと思います。実はローンを販売している金融機関などは申し込みがあると、信用情報機関に照会を行って、信用情報に問題があるかをチェックします。事故情報が載っていれば、ほぼ確実にローンの審査は落とされると思いましょう。ですから債務整理を行って当面は、あらゆるローンは組めないと覚悟しておくべきです。

ただし一度事故情報が載ってしまうとそれは一生記載され続けるのかと言えば、そうではありません。信用情報機関によって若干異なりますが、債務整理を行った場合、7~10年もすれば事故情報は抹消されます。個人情報が痕跡も残らずにきれいに消えますから、その後金融機関が信用情報をチェックしても元ブラックであるとは見破れません。ですから7年以上債務整理をしてから経過すれば、一定の収入を安定的に得ている人であれば、ローンを組める可能性も出てきます。

ただし注意したいのは、前に債務整理をしたときにどこぞの銀行のローンが含まれていた場合です。実は銀行では独自にブラックリストを作成していることがあります。過去債務整理をされた、長期間にわたる延滞をしたことのある人のリストをデータベースに保管していることがあるといいます。この情報は信用情報機関のように一定期間経過すれば、自動的に抹消されません。ですから7年以上経過していても、その銀行のローンの審査は受からないかもしれません。そこでローンを組む場合には、債務整理などのトラブルを過去起こしたことのない業者で手続きをするのが無難です。

ちなみにスマホの支払いですが、分割で支払う人も多いです。この分割払いも信用情報に掲載されます。しかしこのような品物を分割でローン購入する場合、審査は比較的あまいと思われます。口コミサイトや体験談などを見てみると、自己破産から2年くらいしか経過していなかったけれども、分割払いに対応してもらえたといった話もしばしば聞かれます。