債務整理ナビ
弁護士の口コミ・評判

自己破産は債務整理の一つ

債務整理にはいろいろな方法があって、借金を圧縮するとか一部返済を免除することで債務者が返済可能な計画を作ります。しかし中にはどのような対策を講じても、もはや債務者が返済できないケースも出てきます。そのような場合には、自己破産の手続きが取られることもあります。自己破産とは破産法に基づき、破産開始手続きを裁判所に申請して始められます。ちなみに債務者だけでなく、債権者が破産手続き開始の申し立てを行うことも可能です。

自己破産というのは世間一般では、借金返済をする必要がなくなる措置と考えられがちだと思います。確かに一部当たっているのですが、厳密にいうと異なる点もあります。破産手続きは、破産した人の財産を債権者に均等に配分するための手続きです。これですべての債権者が債権回収できればいいのですが、中にはすべて処分できるものを処分しても残債が出るケースも考えられます。破産手続きでは、この賄うことのできなかった債務に関しては、免責されると決められています。

自己破産の場合、2段階で手続きが進められます。まずは先ほど紹介した破産手続きでできる限り返済を進めていきます。そしてそれでも残った債務を免責するかどうかの免責手続きを同時並行で進めていきます。免責決定を出すかどうかは、裁判所の判断によります。免責になれば、それ以降一切借金返済のことで頭を悩ませる必要はなくなります。

例えば自己破産によって免責決定したとします。その後仕事をして給料を得たとします。このお金ですが、債権者側に返済をすることは一切ありません。自己破産と言われると、何かネガティブなイメージを持ってしまう人もいるかもしれません。しかし借金でどうにもならない状態に追い込まれている人を救済するための手法です。ただし債務整理の中でも究極の方法であり、もしかすると人によっては自己破産以外の方法で借金問題が解決できるかもしれないので、まずは弁護士に相談した方が良いと思います。