債務整理ナビ
弁護士の口コミ・評判

債務整理は1度しかできないか?

過去に借金の問題を抱えていて、債務整理を行ったとします。ところがまたお金のやりくりに失敗をして借金を作ってしまって、自分の収入ではもはや返済できないレベルになってしまったという人もいるでしょう。また債務整理せざるを得なくなったとして、2度債務整理の手続きを行うことは可能でしょうか?結論から言えば、債務整理は何度でも行うことは可能です。ただしどの方法で債務整理をしたかで、多少制約が伴います。

まず前に自己破産をしたことのある人は、7年以上経過していれば再度手続きを行うことは可能です。ただし7年経過していない場合、自己破産をしても免責決定は受けられなくなります。そもそもブラックリストに載っているので、新たに7年以内で借り入れることはできないでしょう。しかし一部ヤミ金の甘い誘いに引っ掛かってしまって、借金をしてしまう人もいます。もし自己破産から7年以内にヤミ金でお金を借り入れしてしまって、返済できないような状況にあれば、一度弁護士に相談した方が良いでしょう。ヤミ金のような非合法組織にそそのかされて借金をした場合、7年経過していなくても特別措置で免責が認められるケースもあるかもしれません。

その他のケースであれば、何度でも債務整理を行うことはできます。たとえば任意整理によって、新たに返済計画を立てました。その計画に則って当初返済していたけれども、できなくなったというケースも出てくるでしょう。例えば病気で仕事ができなくなったとか、リストラにあってしまったといったことが考えられます。

その場合債務整理をして、再度返済できるような計画を立て直すことはできます。しかしもしかすると債権者側がそれを認めないケースもあるかもしれません。その場合には、自己破産に切り替えて債務整理を実施するといったことも可能です。もし過去に債務整理をしたので、二度とできないと思っているのであれば、それは間違いです。返済不能の状態に陥っているのであれば、とりあえず弁護士のような専門家に相談するのが良いと思います。