債務整理ナビ
弁護士の口コミ・評判

保証人と債務整理の問題

借金返済ができなくなって、どうにもならなくなっているのなら債務整理を検討した方が良いと思います。ただしもし借金をする際に誰かを保証人として立てているのであれば、話が別です。保証人とは「もし債務者がお金を返さなくなったら私が用立てます」と言っている人のことです。債務整理をしてしまうと、保証人に影響が出ます。保証人となってもらっているのは親族や友人など、近いところにいる人であることがほとんどのはずです。保証人に何の連絡もなく債務整理をすれば、今まで築いてきた人間関係がもしかすると壊れる恐れがあります。

もし保証人に迷惑をかけることなく債務整理したければ、任意整理や特定調停といった方法で問題解決しましょう。任意整理や特定調停に共通しているのは、整理をする債務を取捨選択できる点です。たとえば保証人をつけている借金とつけていない借金があれば、つけていない借金だけを整理すれば、保証人に迷惑を掛けずに済みます。しかも借金を圧縮することで、返済の負担を軽減できます。

一方自己破産や民事再生の場合、借金の取捨選択はできません。保証人をつけた借金も整理の対象になります。たとえば自己破産をして、皆さんは債務の返済の義務から解放されたとします。しかし保証人はその義務から解放されたわけではありません。つまり債権者は保証人に殺到して、借金返済を迫ることも十分想定できます。「借金の保証人は絶対になるな」とよく言われますが、このように他人の借金の尻拭いをさせられる可能性があるからです。

もし借金の返済ができず債務整理をする場合、どの方法をとるにしても、まずは保証人に相談することが大事です。保証人と相談して、弁護士や司法書士のような専門家に相談してどの方法で債務整理をするのがその人にとってベストなのかを考えていきましょう。場合によっては、保証人も一緒に債務整理をお願いする事態も十分考えられます。自分が債務整理をすれば、保証人の人生にも大きく影響することを頭に入れておきましょう。