債務整理ナビ
弁護士の口コミ・評判

債務整理の費用の内訳をチェック

債務整理は自分で行うことも可能です。でも実際には裁判所に提出する資料の作成や海千山千のローン会社の担当者との交渉といった感じで、素人が行うのはかなり困難だと思います。弁護士や司法書士にお願いして、交渉してもらうのが無難です。ところで弁護士や司法書士に依頼する場合、報酬を用意しないといけません。一般の人にとって、このような弁護士・司法書士費用がどうなっているのか、わかりにくいと思います。まずはどのような内訳になっているかを考えましょう。

法律事務所の中には、着手金を請求する所もあります。着手金とは、初期費用の一種です。しかしどの法律事務所もこの初期費用を請求するわけではありません。法律事務所のホームページを見てみると「着手金ゼロ円」と書かれているものもしばしばみられます。このような初期費用無料の所に依頼すれば、費用を安く抑えることも可能です。

人によっては余計に利息を支払いすぎたことで、債権者側に過払い金の返還請求のできるケースもあるでしょう。弁護士や司法書士が過払い金の返還交渉をしてみた結果、お金を取り戻せた場合、過払い成功報酬を請求される可能性があります。これはお金を取り戻すことに成功したことに対する報酬となり、戻ってきたお金の数%を支払う内容になっているはずです。パーセンテージが低ければ、過払い成功報酬の額も少なくなります。

特に長期間にわたって返済をしている人は、過払い金の額も大きくなっている公算が強いです。今借金がなお残っている人でも、過払い金で借金を完済して、しかも残りが手元に残るかもしれません。過去の事例を見てみると、数十万円とか数百万円といった過払い金を取り戻せたというケースも実際にあります。もし5年以上にわたって返済を続けている人が債務整理をする場合、過払い成功報酬がどうなっているかもしっかり比較しておきましょう。料金が安いことも大事ですが、実績のある法律事務所かどうかも忘れないようにしましょう。