債務整理ナビ
弁護士の口コミ・評判

債務整理への誤解を紹介

債務整理に関して興味はあるけれども、なかなか実行できない人もいるみたいです。理由を見てみると、債務整理に関する誤解が原因のケースも結構多いと思われます。そこで債務整理にありがちな誤解をいくつかピックアップしてみようと思います。もし以下のような誤解で債務整理できなかったのであれば、弁護士や司法書士に相談をしてみるべきです。

まず家族に迷惑がかかるかもしれないというものです。債務整理をしてしまうと、自分だけでなく家族もブラックリストに載ってしまう、子どものいる方は子供の就職に悪影響を及ぼすかもしれないと考える人もいるようです。まずブラックリストに載ってしまうのは、債務整理を行った当人だけで、家族の信用情報に傷がつくことはあり得ません。また自分の子供の就職や結婚に関して悪影響が出ることはまずありません。結婚に関して、相手の家族が探偵を雇って信用調査を行っていれば話は別ですが、そこまで徹底している人はまずいないと思われます。

債務整理をすると、一生涯ローンを組んだりクレジットカードを作ったりすることができなくなるというのも大きな誤解です。確かに先ほども見たように債務整理をすると、信用情報機関のブラックリストには入ってしまいます。ブラックリストに載ると、まともなローンやカード会社の審査には落ちます。しかしずっとブラックリストのままではありません。だいたい5~7年にはブラック情報は消失しますので、その後はローンを組んだりカードを持ったりできます。実際債務整理をしてしばらくして、クレジットカードが持てたという人も少なくありません。

債務整理をすると引越しや旅行ができなくなると思っている人もいるようです。自己破産をした場合、免責決定するまでは自由な行動が制約されることもあります。しかし連絡先さえきちんと報告しておけば、自己破産をしても引越しでも旅行でも自由にできます。債務整理をした場合、ほとんど日常生活に変化はないので借金がどうにもならなくなっている人は利用すべき制度といえます。