債務整理ナビ
弁護士の口コミ・評判

債務整理の減額報酬とは

債務整理をするにあたって、専門家の弁護士や司法書士にお願いするのが一般的です。この場合、弁護士や司法書士に報酬を支払わないといけません。法律事務所ごとに料金システムが若干異なりますから、どのくらいの費用が掛かるのかを事前に確認する必要があります。法律事務所の料金体系を見てみると、いろいろな名目で料金が出てきます。その中で一般にはあまりなじみがないと思われるのが、減額報酬です。

債務整理の中で、利息の引き直し計算を行います。利息制限法に基づき、過払い金が発生していないかどうかチェックする作業です。もし利息制限法を超える利率で利息の徴収を行っていた場合、超えた部分は過払い金となって返済請求できます。借金がある場合、その減額に充てられます。そのほかにも債権者側と交渉をして、現在抱えている債務を圧縮できるかもしれません。この借金を減額した場合、それに対する報酬となるのが減額報酬と呼ばれるものです。

減額報酬ですが、通常パーセンテージで表示されます。例えば債務整理の交渉を弁護士や司法書士に任せたとして、100万円現在の借金よりも減額されたとします。この場合、10%の減額報酬となっていれば、法律事務所に10万円を費用として支払うわけです。減額幅が大きくなればなるほど、報酬も大きくなるわけです。

債務整理を弁護士や司法書士に依頼するにあたって、できるだけ費用の安い所にお願いしたいと思うはずです。借金で困っている人は、自由にできるお金もあまりないと思われるからです。費用で比較するときに、他の固定費用がどうなっているかチェックしている人は多いです。ところが減額報酬がどのくらいか、そもそもついてくるのかといったことをチェックしている人は少ないような気がします。特に抱えている借金が多い、借入先がたくさんあると減額の幅も大きくなりがちです。となると減額報酬の支払いも大きくなるので、できるだけ減額報酬のない法律事務所にお願いした方が良いと思います。