債務整理ナビ
弁護士の口コミ・評判

借金踏み倒しと債務整理

借金の返済を請求する権利ですが、5年とされます。ですから借金が返済できなくて困っている人の中には「5年逃げ回れば借金を踏み倒せる」と思っている人もいるかもしれません。しかし5年間逃げ回っていても、時効の成立する可能性は極めてゼロに近いと思います。時効には時効の中断という制度もあって、返済を求めるアクションを起こしたときなどいくらでも時効までも期間をリセットすることが可能です。お金の貸し借りで商売をしている貸金業者や金融機関が、時効の経過までに何もしないということはあり得ません。時効に過度な期待をして逃げ回るのは得策ではないでしょう。

その他には名前を変えれば、逃げおおせると思っている人もいるでしょう。たとえば結婚をして、相手側の姓を名乗れば、名前は変わってしまいます。その他にも引越しをして本籍地を変えてしまって、借金を踏み倒そうと考える人も出てくるかもしれません。しかしこのように名前や本籍を変えて逃げとおせるほど甘くはないと思った方が良いです。もし借金の踏み倒しを意図して、名前を変えたと認められた場合には、債権者側から詐欺罪などの他の罪で訴えられる可能性も出てきます。

債権者側は最終的には、裁判で差し押さえできるように手続きをするでしょう。そうすれば、皆さんの持っている財産や資産を差し押さえられます。さらには給料を差し押さえられる可能性も出てきます。給料差し押さえになると、会社も皆さんの借金について把握することになるでしょう。

もし借金の返済ができなくなったのなら、逃げ回るというのはいちばんしてはいけない対処策といえます。まずは弁護士などの法律の専門家に相談することをおすすめします。債務整理と言って、借金の圧縮をする方法も用意されています。また自己破産と言って、身の回り以外の財産をすべて整理して、それでも残った借金はチャラにできる方法もあります。いわば合理的に借金の踏み倒しができるわけです。