債務整理ナビ
弁護士の口コミ・評判

債務整理のデメリット

債務整理をした場合のデメリットとして大きいのは、信用情報に傷のつくことです。クレジットカードや各種ローンに申し込むと審査が実施されます。この審査の中でほぼ確実に行われるのが、信用情報機関への照会です。信用情報機関では、個人の過去のカードやローンの利用状況、返済状況などが記録されています。

もし債務整理を行うと、事故情報として登録されます。事故情報が登録されるのは、皆さんも聞いたことがあるかもしれませんがブラックリストに載った状態です。ブラックリストに載ると、普通のローン会社やクレジットカード会社はまず審査で落とします。また今クレジットカードを持っている人も、そのカードは使えなくなると思った方が良いです。

この事故情報ですが、一回載ってしまうと一生記録され続けるわけではありません。日本にはいくつか個人信用情報機関があって、事故情報の掲載期間は異なります。しかし一般的には5~7年は事故情報が登録され続けます。言い換えると、5~7年はローンを組むことも、クレジットカードを作ることもできなくなるわけです。すべて現金で決済する形になると覚悟しましょう。

自己破産をした場合、官報にそのことが記載されます。ただし官報を読む人は一般ではほとんどいないと思います。しかし実はヤミ金業者の中には、官報をチェックしているケースも多いです。そして自己破産した人をカモとみて、ダイレクトメールなどで借金の誘いをかけるわけです。上で紹介したように、まともな所は申し込んでも融資はしてくれないです。もしお金に困っている所に「ブラックの方でも融資しますよ」といわれるとつい誘いに乗ってしまう人もいます。しかしヤミ金業者に一回手を出せば、自力で完済することはかなり厳しいです。「融資しますよ」といったはがきや手紙、電話がかかってきたとしても絶対にその誘惑に引っかからないように心がけましょう。若干デメリットがあるものの、借金地獄から脱出できる債務整理は借金で立ちいかなくなっている人は活用する価値が十分あります。