債務整理ナビ
弁護士の口コミ・評判

債務整理と弁護士・司法書士

債務整理の手続きですが、自分でも理論上は行うことも可能です。しかし手続きが煩雑なのと債権者側との交渉で自分たちにとって不利な条件で決着する恐れもあります。そう考えると、専門家である弁護士や司法書士などに代行をお願いした方が無難だと思います。ところで弁護士と司法書士ですが、どちらにお願いした方が良いのでしょうか?これは皆さんがどの程度の借金を抱えているかによって変わってきます。もし140万円までの債務であれば、弁護士でも司法書士でも構いません。しかしそれを超えた場合には弁護士に依頼すると良いでしょう。

司法書士の場合、代理人になるのに制約があります。司法書士は借金に関する交渉権や簡易裁判所における訴訟代理権を有しています。しかし簡易裁判所で取り扱っているのは、請求額が140万円以下に限られます。それを超えると訴訟代理権がなくなります。一方弁護士は代理権に関して、債務額に関係なく有しています。140万円を超える借金を債務整理する場合、司法書士にお願いできますが、書類の作成くらいまでで、裁判所で手続きをする際には新たに弁護士を用意する必要が生じます。

弁護士と司法書士のいずれにも依頼できる場合、費用がどのくらいかかるのかが気になる人もいるでしょう。しかしこれは弁護士だから料金が高いといったことはありません。弁護士・司法書士両方にいえることですが、事務所によってピンキリです。ただし料金の安いところにこだわるのではなく、しっかりと交渉してこちらの望む結果を出してくれる人にお願いすることが大事です。ただし債務額が大きくなると、費用も大きくなる傾向がありますから頭に入れておきましょう。

司法書士は金額に制約はあります。しかし中には借金問題を専門的に取り扱っている司法書士もいます。そのような人にお願いすれば、今まで培ってきた交渉テクニックを駆使してこちらに有利な条件で妥結できるケースもあります。それぞれの能力や経験を見てどうするかを決めましょう。