債務整理ナビ
弁護士の口コミ・評判

債務整理の特定調停

債務整理の中の一つの任意整理では、債務者側と債権者側が直接話し合いをして今後の返済計画を作る方式になります。しかし中には債権者側と債務者側との間で折り合いがつかないこともあるでしょう。そのような時のために、特定調停という債務整理の方法があります。特定調停はしばしば、裁判所で行われる任意整理といった感じで紹介されることもあります。もう少し詳しく説明すると、簡易裁判所で調停委員が債権者と交渉をして、債務者の今後の返済計画を決めていく形になります。

たとえば利息の引き直し計算をして、過払い金が発生していれば、その請求をすることが可能です。このように特定調停の特徴は基本的に、任意整理とかぶるところが多いです。その他にも特定調停ならではのメリットとして、簡単に債務整理できるところにも注目です。通常債務整理をする場合には、弁護士や司法書士にお願いして代理人となってもらうことが多いです。しかし中には弁護士や司法書士を用立てるためのお金も準備できないという人もいるでしょう。そのような人でも手続きできるのが、特定調停の強みといえます。

また裁判所が調停をする形になり、もし返済計画について話がまとまれば、調停調書というものが作成されます。この調停調書ですが、裁判の判決が確定したのと同じ法的効力があります。たとえば調停調書に則った返済をしていかないと、給料などの差し押さえの処分が行われる可能性もありますから注意しましょう。

裁判所の調停委員ですが、中立の立場で調停を行います。弁護士や司法書士の場合クライアントである債務者側の立場に立って、債権者側と交渉を進めてくれます。しかし中立である調停委員の場合、必ずしも自分の意見が100%反映されるとは限りません。場合によっては、自分にとって受け入れられない返済計画になってしまう恐れも出てくると思います。もちろん弁護士や司法書士にお願いして特定調停を行うことも可能ですから、どうすればいいか専門家に相談すると良いでしょう。